娘がボーカルスクールに通って成長した点

私の娘は中学生だった昨年から高校生になった今まで約1年間ボーカルスクールに通っています。小学生の頃にもダンスを習っていた時に、そこでの数人の友人と歌を習った時期があったのですが、その時のレッスンは、たった30分間皆で歌を歌ったり、順番に歌わされて、一番上手な子と同じように歌ってみなさいと言われるだけのレッスンで、レッスン時間も短いし、歌い方の指導もあまりなかったみたいで全然上達を感じられませんでした。それで、子供からも親からも不満が出て、あまり評判は良くなく長くは続けませんでした。
その後、しばらくしてから今のボーカルスクールに通うようになったのですが、今は1時間のレッスン時間の中で1~2名でレッスンしているのですが、発声の仕方や発声練習は勿論、歌の選曲や歌い方などいろいろ勉強しているようですが、正直、あまり歌が上手でなかった娘が、前より音程が外れることもなくなって、声も安定し、上手に歌えるようになったことに成長を感じています。
本人も今のボーカルスクールに通うのは楽しみみたいで、それも上達に繋がっているのかなと思います。

ボーカルスクールで得たもの

僕はこれまで自分のバンドでボーカルとして歌ってましたが、
自分の歌に限界を感じておりました。
それは高音が出ない、声量が少ない、すぐに喉が枯れる等といった悩みで、
それを克服する為に体力作りをしたり、普段から人一倍喉に気を遣ったり、
しかし何をやっても歌が飛躍的に良くなるという事はありませんでした。
そんな状況の中、ある日バンドの仲間からボーカルスクールを勧められました。
考えてみれば僕は過去に歌を教わった事なく、常に我流で歌ってましたので、
モノは試しという事で、ボーカルスクールに通う事を決心しました。
そうしてボーカルスクールに週1で通い始めて2ヶ月ほど経った頃でしょうか、
スタジオでもライブでも自分の歌が飛躍的に成長しているのが分かりました。
その理由はといいますと、まず発声の基礎が身についたという事と、
ハイトーンの出し方や力み癖を直す方法も身についていたので、
以前より楽で気持ちよく歌を歌う事ができたのです。

ボーカルスクールの選び方について

歌うことが好きな人や、将来歌手になりたいと思っている人は多くいるものです。
全国各地には様々なスタイルのボーカルスクールがあり、そこには多くの人が通っています。
知名度が高いスクールや有名なシンガーを沢山輩出しているスクール、個人レッスンをしているところなど様々なスクールがあります。
中にはオーディションに対応したレッスンを受けることが出来たり、サポート体制が整っているところなどもあります。
それぞれのスクールによって特徴が違うものです。
フリータイム制だったり、ボーカルの他にも楽器や作曲に対応しているところもあります。
このように、レッスン内容や費用などについては、そのスクールによって全く異なっているので、自分にあったところを探すことが一番の夢への近道となります。
スクールによっては、体験レッスンを用意しているところがあります。
まずは気軽に参加して、スクールのレッスン内容や取り組み方などを確認してから決める方法がおすすめです。